ヒッチハイク旅 7/21〜7/31 3日目

皆様こんにちは!

 

3日目の朝は早く。3時出発。

おっちゃんの運転で、御殿場〜京都まで。

 f:id:kentotravel:20170724055010j:image

ありがとうございました。

 

あ、皆さん、関係ないですが!

知っていますか?

御殿場らへんの地域の水道から出る水は富士山の水でバナジウムがとっても豊富なんですよ!

f:id:kentotravel:20170724061200j:image

その水をBRITAの浄水ボトルに入れ出発しました!

 (飲みかけ)

約9時間の道のりでした。

数字だけ見ると長い道のりですが、

おっちゃんと話しながら進んでいく道はあっという間でした。

 

おっちゃんは御殿場では知らない人のいない番長だったらしい、、、

 

おっちゃんはジェットコースターとかお化け屋敷とか大好き!

 

などなど色々話したり、

運送ドライバーで日本周ってるから、

その建物の歴史とか知ってたり、

その建物の詳細を知ってたり、

 

知識が豊富すぎる!

 

そんなおっちゃんとあっという間でした。

お別れの時がやってきました。

 

2日目から3日目のお昼までお世話になり、

多分この旅で1番長く一緒にいた方になると思う。

 

ありがとうおっちゃん。

またいつかどこかで会いましょう。

 

 

 

さあ、京都に着きました!

 

がしかし、おっちゃんが降ろしてくれたのは、

京都の田舎の方でした!

 

観光するなら市内にいかなきゃだよなあ。

〜から早速ヒッチハイクをすることに!

 

やっぱり田舎でそれほど車も多くない。

とりあえず掲げてみた。

 

すると、1台目からあーだめだ!のような反応を示してくれた!これが京都の優しさ!

これならいける!と思い気合いを入れかかげた!

 

 

1台目以降、反応はなくなった。

京都は難しいところなのか?

そんなに甘いものではないのは分かっている。

(すぐに不安になってしまう)

 

いや、、でも、かかげないわけにはいかない。

京都市内と書いたスケッチブックを、

大げさにアピールしまくった。

甘くないな。

 

 

 

1台止まった。

 

 

あれ、ん?

え?

まじ?

きた?

え?                  (ダッシュ)

 

 

若男「市内のどこいくん?」

 

か、か、関西弁!?

そうですここは京都なんどすえ。

せやに決まっとるやろ。

 

(適当でごめんなさい)

 

僕「清水寺の方に行きたいです!」

若男「ほんなら乗りや」

 

きたーーー!これが京都や!開始約15分やで!

めちゃくちゃ嬉しい。本能が喜んでた。

 

車内全く話尽きることなく進んで行く。

これがまた楽しくてワクワクが増してしまう。

 

京都の説明を聞くと、

京都は京都のど真ん中だけで、あとは田舎だとか、

京都のど真ん中にいる人は京都人で、

他の人はただの関西人ってゆう考え方みたい。

 

これは、ちょっと納得いかなくて

差別なんじゃないかなって思ってしまった。

 

でもほとんど気にすることなく、

物凄く楽しそうに人生生きてる人だなあって。

f:id:kentotravel:20170724054731j:image 

ありがとうございました。

 

この方は、

1人で桜を見に行ったり、

京都のお寺を散歩したり、

自分の気になったところに1人で足を運んで散歩をすることが趣味なんだそう。

こんな素晴らしい趣味を持ってる人と友達になれたらなあ。なんて思ってしまった。笑

 

そして、清水寺付近の市内で降ろしてもらった。

本当に、ありがとうございます。

 

さあ、ここが清水寺だ!!

 f:id:kentotravel:20170724055055j:imagef:id:kentotravel:20170724055132j:imagef:id:kentotravel:20170724055154j:imagef:id:kentotravel:20170724055207j:image

 

 

残念な事に工事か何かで1番見たかった場所の姿は見られませんでした。でもなぜかこの木に囲まれた中を歩くだけで元気になるし、疲れや嫌な事すべて吹っ飛んでいく。

 f:id:kentotravel:20170724055442j:imagef:id:kentotravel:20170724055459j:imagef:id:kentotravel:20170724055519j:image

これが、僕が旅を好きになった理由の1つ。

 

きっと人間は『自然の力で生きている』

もしコンクリート一面の『自然の力』がなにもない場所に人間がいたとしたら、人間は多分すぐに嫌になって死んでしまうと思う。

 

自然の力で、人間の感情は変わるんではないか。

 

これは、僕の意見だから賛否はあると思う。

 

感じることはひとそれぞれ。

力の感じかたで人間1人に個性がつくんだ。

 

だから旅で何も感じない事はない。

この地球に自然がなくならない限り。

 

 

 

 

清水寺からどうしよう。

どう進もう。

山口まで?大阪いく?どうしよう。

とりあえず、山口の方に向かうつもりで、

大阪をかかげてヒッチハイク

 

なんだかんだ上手く行きすぎてる気がする。

4人家族の方が僕達2人を乗せ1番近くのPAまで、乗せてくれました!

 f:id:kentotravel:20170724054923j:image

ありがとうございました。

 

高速に乗れた!だったら遠くを目指そう!

 

今回初のPAでのヒッチハイク

ひたすらあかりのついてるトラックを探し声をかけ続ける。

声をかけにいっても断られることが多く

そう簡単にはいかない。

 

1人のドライバーがトラックに乗る瞬間をみつけ、ダッシュ!!

兵庫の炎河PAまで乗せてくれることに!

 f:id:kentotravel:20170724054947j:image

ありがとうございました。

 

22時過ぎ炎河PAからもっと西に進む車を見つけるため、声をひたすらかけまくるが、見つからず、コンビニでひと休み。

 

疲れた体を癒す。

 

23時頃、なりがトラックを捕まえてくれた!

しかも一気に広島の宮島SAへ!!

 

疲れて4時間くらいの道のりトラックで寝てしまった。ドライバーさんには本当に申し訳ないけど、なにも言わず乗せてくれて、

「頑張ってね!」って送り出してくれた。

f:id:kentotravel:20170724060028j:image

本当に感謝の気持ちでいっぱい。

ありがとうございました。

 

 

 

 

もう今日は4日目。

 

しっかり寝ることは全くできてない。

ちゃんとした布団・ベットで寝たいなあ。

お風呂もしっかり入りたいなあ。

 

でも旅してるだけで楽しくて我慢できる。

 

さあ、今日も1日旅しよう。

 

 

 

ヒッチハイク旅 7/21〜7/31 2日目

皆様こんにちは!

 

2日目の朝は5時からのスタート🙄

そこから4時間弱歩いてヒッチハイクを開始したんですが、その4時間が過酷で旅を感じるものでした。歩いても歩いても景色が一切変わらなくて、ただただ真っ直ぐ進むだけ。

 

そして9時過ぎくらいにヒッチハイクを開始。

 

どこまで?どっち方向?そっちはいかないなあ。とかたくさんの方達が反応してくれてどんどんやる気になっていった。

 

約1時間経過した。

 

どこまでいくの?と一台の車が止まってくれた。

ただ、家族連れの方で2人乗るのは厳しいか、

あまり期待せずにいた。

 

すると、

サングラスをかけたお父さんが降りてきて

サン父「山梨の忍野八海にいくんだけど」

僕「え?山梨まで?」

サン父「うん。狭いけど乗ってく?」

僕「えいいんですか?是非!」

 

もう奇跡いきなり行きたかった所ドンピシャだ!

ひいおばあちゃん、おばあちゃん、お母さん

お父さん、と息子 の大家族!

こんなに大勢なのに乗せていただけるなんて😭

 

昨日のことが忘れられなかった僕達は、

感激と感謝でもう心が満たされました!

 

忍野八海

f:id:kentotravel:20170724033218j:imagef:id:kentotravel:20170724033241j:imagef:id:kentotravel:20170724033323j:image

河口湖のラベンダー畑』

(少し時期が過ぎていたので色々なお花を撮りました)

f:id:kentotravel:20170724033427j:imagef:id:kentotravel:20170724033442j:imagef:id:kentotravel:20170724033450j:imagef:id:kentotravel:20170724033503j:imagef:id:kentotravel:20170724033515j:image

に一緒に連れていってくれて、最後には次の車が停まってくれそうな所まで送っていただいた。

もう感謝してもしきれない。

f:id:kentotravel:20170723042949j:image

旅にはつきものの出会いと別れを改めて実感。

 

 

別れがあっても、

すぐに進んでいかなきゃ行けない。

 

やろう、進もう!と言い聞かせて

すぐにヒッチハイクを再開させた。

 

なんだ!なんだ!なんだ!

開始そうそう一台の車が止まり、「乗れ」の合図!

え、こんなことある?

昨日がまるで嘘みたいだった。

 

乗せてくれたのは

ドライバーをしているおっちゃん!

 

たまたま買い物に行く方向と一緒だからと乗せてくれた。

 

話を聞くと、

おっちゃんは中3から高1になる時の春休みに家出をした。その時に静岡から親戚の家がある愛媛県までヒッチハイクをしたそう。50年も前の事だから車も今みたいにバンバン走ってるわけではない。数少ない車やトラックに手を振ってみたり声をかけてみたり!

 

そうゆう経験をしていて、

今になって街にスケッチブックを持ってたり

止めようとしている若者達を見ると乗せずにはいられないとゆう。

 

しかもおっちゃんは、

晩ご飯をご馳走してくれて、

なんと家にまで泊めてくれることに!!

 

かっこよすぎるぜ。おっちゃん。

 

3日目の朝、静岡〜京都まで送ってくれる!

もう奇跡。感謝しかない。感謝しきれない。

 

 

 

車を運転してるおっちゃんが夜ご飯のあとの帰り道で、

 

「車の免許を取って、ガンガン走ったり、危ないような運転をする若者達はそれがかっこいいと思ってる。でもな、それは何にもかっこよくないんだ。彼女を乗せてると考えてみろ?もし、そんな運転をしてかっこいいと思ってるなら絶対に乗せるなよ?人の命を乗せてるんだ。その命を育ててきた親、そうゆう人達の事も考えろ?言っちゃえば他人だ。他人に万が一の事をされたら?な?だからな、1番かっこいいのは、絶対にむちゃをしないルールを守る運転をするやつなんだ。ドライバーがかっこよく見えるのはルールを守ってるから。な?免許とってもむちゃはしたらだめだぞ。」

 

おっちゃんは男として本当に尊敬できる。

人生の経験。

それは素晴らしいもの。

旅ではこうゆう人との関わりによって学ぶことができる。だからワクワクする。

 

おっちゃんありがとう。

本当に男としておっちゃんを尊敬した。

 

 

 

 

さあ、3日目もワクワクの止まらない旅にしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒッチハイク旅 7/21〜7/31 1日目

皆様こんにちは!

さあ「暑い夏、熱い旅。」の季節になりました。f:id:kentotravel:20170722053401j:image
(夏休みです)

今回ヒッチハイク旅初日を終えて、
去年と比べて非常に過酷なものになったものです。
出発前の私達はめちゃくちゃワクワクして
「もう早く行こう!」って、😂
家から最初のヒッチハイク場所まで歩き、
と思いきや途中のイオンに入り、クレープを買い、
最後の作戦会議!!
考えに考えて、よし!海老名を目指そう!!

そして、ようやく海老名を掲げスタート!
開始1時間この30度を越える所で、
踊ってみたり!叫んでみたり!はしゃいだ!
すると!一台も止められませんでした。😩

場所が悪いのか?

と思いGoogleマップを使って確認!!

衝撃の事実を知ることになる!!
『車線が逆』
もう何してんねん!バカだろ!本当に!
(本当に自分がバカすぎました)
ここでだいぶ体力を奪われました。

気を取り直してヒッチハイクしてみると!
声をかけてくれる人が増えたり!
ジェスチャーしてくれる人が増えたり!
お!これは!いける!


さ途中でおじさんが千円渡してくれたり!

また違うおじさんがアイスを買ってきてくれてたくさん話し、連絡先まで交換したり!




だが乗せては貰えず。
そんなに甘いものではなかった。










と早2時間を経過。



場所をインターチェンジ付近に変えてみる。
と、



ようやく一台の車が停車!
行き先を聞かれ答えると、
「残念なことにそっちには行かない。」

どうしよう!
と続けてみるものの捕まらず、

気がつけば日も暗くなり7時間経過。
やばいこのままじゃ千葉県すらでれない!
とりあえず千葉からは出よう!

続けても続けても止まっては貰えず。


すると一台のタクシーが後ろに止まった。
タクシーはお金かかるしヒッチハイクではなくなるから乗らない!!って決めてた。

タクシーから運転手が降りてきて
お前ら無一文だろ!乗ってけ!お金はいいから!

え?タクシーなのに?いいの?
流石にこれは逆ヒッチハイクといえる!
ありがたく本日1台目乗せて頂きました。

運転手さんに聞くと、
「ここで色々な手段でヒッチハイクしても
やっぱり高速には乗りづらいよ。今から東京ほ大田市場って野菜市場なんだけどそこに連れてってあげるよ!そこなら高速乗るトラックとかたくさんいるから!頑張ってね!」

ともう本当にありがたくて嬉しくて、
これがヒッチハイクの楽しさだと感じました。

そして大田市場に到着!
この勢いで、神奈川くらいまでいくぞーー!
ヒッチハイクを再開!

また飛んでみたり、手を振ってみたり、
もう体力の限界。2時間くらいやってみたが。
誰も止まることはなかった。

初日ヒッチハイクできたのは、
声をかけてくれたタクシーのみ。

2日目の今日なにが起きるんだろうか。
逆にワクワクして仕方がない。
無事に行きたい所に行けるのか。

やるしかない。


ヒッチハイク旅 ~人々と自然の美しさを求めて~

初めまして!今回ブログ初投稿です👏

 

まず、簡単に自己紹介します🤷🏻‍♂️

 f:id:kentotravel:20170708075426j:image

僕は、17歳の高校3年生『拳斗』と言います。

【身長】174.1cm

【体重】64.2kg

【貯金残高】それは言えません!!笑 はい。

(ごめんなさいサンシャインではないです)

【趣味】旅 野球 自転車 などなど

【性格】行動する「ワクワクしたらすぐ行動」

              常に笑顔「世界を笑顔で幸せに」

              超前向き「うまくいくに決まってる🗺」

 

この3つを人生のテーマとして日々生活をしています!まとめると好奇心のある高校生ということです!👦🏻

 

なぜ!今回このブログを書き始めたのかと言いますと、自分の夢である

《世界一周

        ~世界中の人々と自然の美しさを求めて~》

というテーマで世界を周り、

地球にいるからこそ!できる!

地球の素晴らしさ、人間と自然が共に生きているこの地球というものの美しさを発信していきたい!という想いがあるからです。

 

出発は高校卒業してからになるんですが、

 

日本の人々と自然の素晴らしさと、

世界の人々と自然の素晴らしさを、

探してみたい!発信したい!と想っています! 

 

ブログのことなど何もわかっていないけど

自分の個性を出しまくるかっこいいブログに

これからどんどん更新していきたいなと想っています!

どうか皆さん楽しんで見守って下さい。

 

 

 高校生の僕は7/20〜夏休みに入ります!

こんな長期休みがあるのに

旅に出ないなんてありえない!ですよね?

だから今回は!友達と2人で👬

『夏の!本州!ヒッチハイク!旅!』

7/21〜7/31の期間ヒッチハイクで周ってきます!

だいたいのルートはこんな感じです。

f:id:kentotravel:20170708071745j:image

 目的地はほとんど決めてません!

やっぱりヒッチハイクの1番の醍醐味は、

人の温かさや優しさを感じられて繋がれるということだと感じています!!

だから今回は乗せていただいた方々に

「素晴らしい絶景が見える所」

「行った方がいい場所」などを聞きながら

進んで行くことにしました!楽しみ!ふぉー!

 

なにこいつヒッチハイクしたことあんの?

って思った方!

あれは、去年の夏、

友達のK君に交通費0で大阪に行けるから行こう!と言われたので、家族で行くから乗せてくれるんだなと思い、「いいよ!」と。

まあ一応確認のためK君に

僕「交通費0ってどういうこと?」

K「ふっふっふ、超エキサイティングやで」

僕「説明しなさい。笑」

K「決まってるやん、ヒッチハイク

僕「え、誘拐されるよ?」

ってなわけでヒッチハイクで大阪まで、笑

 大阪までも大阪でも帰りも全てヒッチハイク

最初は、「まじか、」とか思ってたけど

出発が近づくにつれて初めて感じるワクワクが

こみ上げてきてしまったのです!!!!

 f:id:kentotravel:20170708075315j:image

これが人生初のヒッチハイクでした🚗

 

そのワクワクが忘れられず!

旅が大好きになってしまいました!

 

K君は超優秀エリート学生なので今回は受験のため行けないのですが、世界を一緒に周れたらいいなと。想うほど最高な男なのです。

K君がいなければこのワクワクは感じることができない人生で世界一周なんて考えも絶対になかったですね。

素晴らしい友達を持ったなと感じています🤝

 

今回は自分の感性のままに楽しむ!

 

旅の期間中もブログを書いて行きたいと想います!

 

 

もし、人生初ヒッチハイクの話を聞きたいと想ってくれる方がいましたらそちらも書きたいと思います!

 

  何事も『うまくいくに決まってる🌏』

 

では!人生という旅を楽しみましょう!